キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.退職者医療制度とは何ですか?

A.ご回答内容

退職者医療制度とは、一定期間勤務先の健康保険等に加入していた人が、退職後、国民健康保険に加入されたときに適用する制度で、対象となる方には「退職者医療」用の保険証をお渡しします。
※退職者医療制度は、平成20年4月に廃止となり、平成26年度末で経措置についても終了しておりますが、平成27年3月31日までに退職被保険者となっている方は、引続き適用されます。

【対象】
  ●厚生年金や共済年金などに20年以上、もしくは40歳以降に10年以上加入して、
   老齢(退職)年金などを受けることができる方
   ※65歳未満の方が対象となります。
   ※障がい年金や遺族年金を受けているため、老齢(退職)年金が支給停止となっている方も対象となります。
    (ただし、年金の支給が年齢を事由として停止されている方は除く)
  ●上記の扶養家族の方
   ※65歳未満の方が対象となります。

【必要なもの】
  ●印かん
(自署の場合は不要)
  ●保険証
  ●年金証書(※老齢(退職)年金を受けている方のみ)

【手続きの方法】
  お住まいの区の区役所保険年金業務担当へ、必要なものをご持参のうえ、手続きをしてください。

△詳細はリンク先の『退職者医療制度』を参照してください。

【問合せ先】
◆お住まいの区の区役所保険年金業務担当
電話、Fax等はリンク先の『区役所・保健福祉センター開設時間・所在地・電話番号』を参照してください。

属性情報

   行政区分 : 健康保険・年金・介護 > 国民健康保険 


アンケートにご協力ください!
このページはお役に立ちましたか?