キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.母子父子寡婦福祉資金について教えてください。

A.ご回答内容

母子家庭や父子家庭寡婦の経済的自立と生活の安定、子どもの福祉を図るために、以下の12種類における資金を無利子または低利子で貸付けます。
  ●事業開始 ●事業継続 ●修学  ●技能習得 ●修業    
  ●就職支度 ●就学支度 ●生活  ●住宅    ●転宅    
  ●医療介護 ●結婚    

【対象】
 〔1〕母子家庭の母または父子家庭の父
 〔2〕母子家庭の母または父子家庭の父が扶養する児童
   (修学資金・修業資金・就学支度資金・就職支度資金が対象)
 〔3〕父母のない20歳未満の児童
   (修学資金・修業資金・就学支度資金・就職支度資金が対象)
 〔4〕寡婦(配偶者のない女子であって、かつて母子家庭の母であった方)
 〔5〕寡婦が扶養する子(修学資金・修業資金・就学支度資金が対象)
 〔6〕40歳以上の配偶者のない女子であって、現に子どもを扶養していない方
   (子どもが成人してから後に夫と死別・離婚した方、夫と死別・離婚した方のうち子どものいない方)
  ※〔6〕の方については、一部所得制限があります。

△詳細はリンク先の『母子父子寡婦福祉資金貸付』を参照してください。

【問合せ先】
◆お住まいの区の保健福祉センター福祉業務担当
電話、Fax等はリンク先の『区役所・保健福祉センター開設時間・所在地』を参照してください。

または、
◆こども青少年局こども家庭課
電話:06-6208-8035 Fax:06-6202-6963

属性情報

   行政区分 : 福祉 > こども 


アンケートにご協力ください!
このページはお役に立ちましたか?