キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.ひとり親世帯臨時特別給付金の申請について教えて下さい。

A.ご回答内容

新型コロナウイルス感染症の影響により、子育てに対する負担の増加や収入の減少が生じているひとり親世帯を支援するため、国において「ひとり親世帯臨時特別給付金」を支給することが決定されました。

8月7日(金曜日)より申請手続きが必要となる給付金の申請受付を開始します。申請対象者と見込まれる方に対しては、申請勧奨文書をお送りします。また、全ての給付金支給対象世帯を把握することができないため、申請勧奨文書が届かない場合でも、給付金の受給資格を有する場合があります。

◆基本給付(児童扶養手当の支給要件を有するひとり親世帯等の方への給付)
給付金の支給対象となる方は、以下の(1)から(3)のいずれかに該当する方です。(児童扶養手当法に定める「養育者」の方も対象となります)

(1)令和2年6月分の児童扶養手当が支給される方(手続きは不要で、令和2年6月分の児童扶養手当の受給者へは、7月30日(木曜日)に支給済み)
(2)公的年金等(遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償など)を受給しており、令和2年6月分の児童扶養手当の支給が全部停止されている方、または児童扶養手当の申請はしていないが、令和2年6月分の児童扶養手当の支給要件を満たしており、申請をしていれば、公的年金給付等の影響で児童扶養手当の全部または一部が停止されると想定される方
(3)新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなどにより、令和2年2月以降の収入が減少し、最も減少したひと月の収入を12倍した金額を1年間の収入とみなした場合に、児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている方
【給付額】
1世帯5万円、第2子以降1人につき3万円 (1回限り)

◆追加給付(新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が減少している方への給付)
上記の基本給付(1)または(2)に該当する方のうち、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が減少した方(生活保護受給世帯は対象になりません。)
【給付額】
1世帯5万円 (1回限り)

◆申請方法
基本給付(1)に該当する方【令和2年6月分の児童扶養手当が支給されている方】
 申請は不要です。
・7月10日に児童扶養手当が支給された方は、7月30日(木)に、児童扶養手当の振り込み口座に給付金を支給済みです。

基本給付(2)(3)及び追加給付については申請手続きが必要です。
申請方法については、リンク先の『大阪市HP(ひとり親世帯臨時特別給付金について)』を参照してください。
※申請方法などのご相談を直接お伺いする「集中相談会」を開催します。お気軽にご利用ください。
開催日時:
 令和2年8月18日(火)~21日(金)、23日(日)午前10時~午後4時30分まで
 令和2年8月24日(月)~28日(金)、31日(月)午後1時30分~午後7時まで
開催場所:
 大阪市立愛光会館5階(大阪市北区中津1-4-10)
最寄り駅:
 Osaka Metro 御堂筋線「中津」駅 5号出口西へ約150メートル

【申請期限】令和3年2月28日(日曜日)(消印有効)
※申請期限を過ぎて到着した申請書は受付できません。

給付金の支給対象など、ご不明な点がありましたら担当までお問い合わせください。

【お問い合わせ先】
大阪市こども青少年局子育て支援部こども家庭課
「ひとり親世帯臨時特別給付金」担当
電話番号:06-6208-8289
(注)月曜日から金曜日(ただし、祝日を除く)の午前9時から午後5時30分まで

属性情報

   行政区分 : 福祉 > 生活援助 


アンケートにご協力ください!
このページはお役に立ちましたか?