キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.なぜ港湾環境整備負担金を徴収する必要があるのですか?

A.ご回答内容

港湾環境整備負担金を徴収する目的は以下のとおりです。

港湾は、物的流通の場として機能するだけではなく、様々な事業活動の場として大きな役割を果たしており、環境の整備、保全が特に必要な状況にあります。

港湾の環境整備または保全のための事業は、港湾で事業活動を営む事業者にも効果を及ぼすことから、その事業に要する費用の一部負担をそうした事業者に求めることで、社会的衡平が図られます。

こうした趣旨から、港湾法の規定に基づき、大阪市港湾環境整備負担金条例を制定し、港湾の環境を整備または保全するための工事費用の一部を、港湾管理者が、港湾区域または臨港地区内にある一定規模以上の敷地面積を有する事業者から徴収できる制度を創設しました。
この徴収金が港湾環境整備負担金であり、昭和56年度以後、毎年工事指定を行い、徴収を行っています。

△リンク先の『港湾環境整備負担金負担対象工事の指定(関連資料)』を参照してください。

【問合せ先】
◆港湾局計画整備部工務課
電話:06-6615-7795  Fax:06-6615-7789

属性情報

   行政区分 : その他 > その他 


アンケートにご協力ください!
このページはお役に立ちましたか?