キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.アスベストを使った建築物を解体する時に届出は必要ですか?

A.ご回答内容

工事の発注者(施主)等は、吹付けアスベストなどのアスベスト含有建材を使用した建築物等の解体、改造、補修を行う場合、作業の14日前までに法令等(※、※※)により、届出が必要となります。

届出は、環境局環境管理課各環境保全監視グループで受け付けています。

なお、同法令等において、作業に先立ちアスベストの使用の有無の調査等の実施やアスベスト飛散防止措置等が施工者(元請業者)に義務付けられているほか、労働安全衛生法や廃棄物処理法等の遵守も必要となります。

 ※「大気汚染防止法」、「大阪府生活環境の保全等に関する条例」
 ※※ 「大阪府生活環境の保全等に関する条例」で規定されている「石綿含有成形板」については、解体等の建設工事に使用される一団の土地の範囲内で石綿含有成形板の使用面積の合算が1,000㎡(平方メートル)以上ある場合、届出が必要となります。

△詳細はリンク先の『特定粉じん(石綿)排出等作業実施届出』を参照してください。

【問合せ先】
◆環境局環境管理課各環境保全監視グループ
電話、Fax等はリンク先の『環境保全監視グループ(かんきょうほぜんかんしぐるーぷ)』を参照してください。

属性情報

   行政区分 : 住宅・生活環境 > その他 


アンケートにご協力ください!
このページはお役に立ちましたか?