キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.古くなった住宅を解体し空地となった場合、固定資産税等が高くなると聞きますが、それに対する支援制度はありますか?

A.ご回答内容

古い木造住宅を解体し、跡地を災害時の避難等に役立つ防災空地として活用する場合に、解体費、空地整備費の一部を補助する制度があります。防災空地は、固定資産税、都市計画税が非課税になります。
対象地域は、「特に優先的な取り組みが必要な密集住宅市街地(約1,300ha)」の一部エリア等(福島・東成・生野・阿倍野・西成区の一部)です。

【主な要件】
  ●幅員6m未満の道路等に面した昭和56年5月31日以前に建てられた木造住宅を解体
  ●敷地面積50㎡以上
  ●地域住民等が防災空地を管理(5年以上)

△詳細はリンク先の『密集住宅市街地重点整備事業』
を参照してください。


【問合せ先】
◆大阪市都市整備局住環境整備課(密集市街地整備グループ)
電話:06-6208-9234 Fax:06-6202-7064

属性情報

   行政区分 : 住宅・生活環境 > 住宅 


アンケートにご協力ください!
このページはお役に立ちましたか?