キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.国民健康保険の限度額適用認定証等の申請をしたいのですが、代理人が申請できますか? 限度額認定証には更新がありますか?

A.ご回答内容

(限度額適用認定証等の概要)
 入院や、高額となる診療・調剤の予定がある場合、同じ月の同じ医療機関への支払いは、「限度額適用認定証(限度額適用・標準負担額減額認定証)」を提示することにより自己負担限度額までになります。
・「限度額適用認定証」は、市民税が課税されている方に交付されます。
・「限度額適用・標準負担額減額認定証」は、市民税が非課税又は免除の方に交付されます。入院時の医療機関での食事代も減額されます。
※なお、市民税課税・非課税等の適用は、証の適用期間(8月から翌年7月)の前年1月~12月の所得等により行います。

(申請手続き)
 医療機関に入院等をされる際には、区役所保険担当で申請を行ってください。
⇒70歳以上で高齢受給者証をお持ちの方は、所得額等により申請が不要な場合もあります。
※申請が不要な方:自己負割合が3割で課税所得が690万円以上の方(現役並Ⅲ区分)または、自己負担割合が2割で市民税が課税されている方(一般区分)

(申請に必要なもの)
 被保険者の保険証と印かん・本人確認ができるもの(免許証・パスポートなど)・個人番号カードまたは個人番号通知カードです。高齢受給者証や特定疾病療養受療証などをお持ちの場合は、合わせてお持ちください。

◇代理人が申請手続きを行う場合は
 同一世帯の方が手続きにお越しになる場合は、窓口にお越し方の本人確認書類(免許証・パスポートなど)が必要です。同一世帯以外の代理人が手続きに来所される場合は、委任状も必要です。
⇒保険証及び高齢受給者証等は、限度額適用認定証等を必要とするご本人のものをお願いします。

(証の更新)
 すでに交付を受けた方も毎年8月に所得区分の見直しがあるため更新が必要です。限度額適用認定証を継続して必要とされる方は、8月に入ってから再度申請を行ってください。(7月中には更新できません。)9月以降も申請はできますが、原則として申請をされた月の1日からの適用となります。

詳しくは、区役所保険担当にお問い合わせください。

属性情報

   行政区分 : 健康保険・年金・介護 > 国民健康保険 


アンケートにご協力ください!
このページはお役に立ちましたか?