キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.不妊治療の際に助成金は出してもらえますか?

A.ご回答内容

不妊治療の経済的負担の軽減を図るため、医療保険が適用されず、高額の医療費がかかる治療費用の一部を助成します。

【対象】
 ●特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)以外の治療法による妊娠の見込みがないか、あるいは極めて少ないと医師に診断された大阪市に住所を有している治療開始時点で法律上の婚姻をしている夫婦
 ●前年(1月から5月までの申請については前々年)の夫婦合算の総所得金額が730万円未満の方
 ●本市が指定する医療機関で特定不妊治療を受けたこと 等
  ●治療開始時の年齢が43歳未満の方

【助成内容】
  ●助成金額について 
    1回の治療につき、治療ステージA・B・D・Eの場合は上限15万円(初回の治療に限り上限30万円)、
    治療ステージC・Fの場合は、上限7.5万円。
    また、特定不妊治療のうち、精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術(男性不妊治療)を行った場合、
    上限15万円の助成。(治療ステージCを除く)

  ●回数について
    初回治療年齢(初回の治療開始時の妻の年齢)が40歳未満の方は通算6回まで、
    40歳以上43歳未満の方は通算3回まで助成。年度内での回数制限はなし。
    ただし、平成25年度以前から本事業による特定不妊治療の助成を受けている夫婦で、
    平成27年度までに通算5年間助成を受けている場合には、助成対象外。

  ※通算回数には、平成27年度までの助成回数も含む。


【申請方法】
 お住まいの区の保健福祉センター保健業務担当に必要書類を提出してください。

【必要書類】
 申請書や医師の証明書等
 (申請書類は指定医療機関もしくはお住まいの区の保健福祉センター保健業務担当でお渡しします)

【申請期間】
  治療が終了した日の属する年度の翌年度4月30日
  (土・日・祝の場合はその前日)
  *治療が終了した日とは、妊娠判定を行ったとき。
   (もしくは治療中断したとき。)

△詳細はリンク先の『不妊に悩む方への特定治療支援事業(不妊治療費助成事業)』を参照してください。

【問合せ先】
◆お住まいの区の保健福祉センター保健業務担当
電話、Fax等はリンク先の『区役所・保健福祉センター開設時間・所在地』を参照してください。

または、
◆こども青少年局管理課(母子保健グループ)
電話:06-6208-9966 Fax:06-6202-6963

属性情報

   行政区分 : 福祉 > こども 


アンケートにご協力ください!
このページはお役に立ちましたか?