キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.住居確保給付金について聞きたい

A.ご回答内容

住居確保給付金は、就職に向けた活動をすることなどを条件に、一定期間家賃相当額を支給する制度です。(原則3か月間、最長9か月までの間で、1か月単位の支給となり、本市から家主の方に直接支払います。)
対象となる方は、「離職・廃業から2年以内の方」及び「個人の責や都合によらない休業等により収入が減少し、離職等と同程度の状況にある方」となります。
申請は、お住まいの区(既に住居を喪失している方は、住むことを希望している区)の区役所となります。生活困窮者自立支援事業のページに掲載している「3 各区の相談窓口」にご相談下さい。
令和3年1月1日以降は、新型コロナウイルス感染症対応の特例により令和2年度中に新規申請して受給を開始した方に限り、延長を3回まで、支給期間は最長で12か月間まで可能となります。
3回目の延長申請ができる方には資産要件のほか、求職活動要件として、ハローワークヘ求職の申込みをし、誠実かつ熱心に求職活動を行うこと(ハローワークへの求職申込、職業相談(月2回)、企業等への応募、面接(週1回))が必要となります。

△詳細はリンク先の『大阪市HP(生活困窮者自立支援事業)』を参照してください。

属性情報

   行政区分 : 福祉 > 生活援助 


アンケートにご協力ください!
このページはお役に立ちましたか?