キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.犬の予防注射について教えてください。

A.ご回答内容

生後91日以上の犬には、毎年4月から6月の間に狂犬病の予防注射を受けさせ、注射済票をその犬に着けておかなければなりません。

最寄の動物病院で狂犬病の予防注射を必ず受けてください。その際、動物病院で発行される注射済証をお住まいの区の保健福祉センターに持参していただき、注射済票の交付を受けてください。
また、犬の登録が未登録の場合は、保健福祉センターで登録を行い鑑札の交付も受けてください。

なお、大阪市で4月に実施している集合注射の会場や、大阪市の委託動物病院では、狂犬病の予防注射と注射済票の交付、及び犬の登録と鑑札の交付を受けることができ、保健福祉センターに行く必要はありません。

【料金】
  ●集合注射での注射料金:2700円
 (動物病院における注射料金は事前確認が必要)
  ●注射済票交付手数料:550円
  ●登録手数料:3,000円

△詳細はリンク先の『狂犬病予防注射』を参照ください。

【問合せ先】
◆お住まいの区の保健福祉センター生活環境業務担当
電話、Fax等はリンク先の『区役所・保健福祉センター開設時間・所在地』を参照してください。

属性情報

   行政区分 : 自然・動物 > 犬・猫 


アンケートにご協力ください!
このページはお役に立ちましたか?