キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.重度障がい者医療費助成制度の助成制度について教えてください。

A.ご回答内容

医療機関等の窓口で健康保険証と一緒に障がい者医療証を提示すると、保険診療が適用された医療費の自己負担の一部を助成します。

【助成内容】
 病院・診療所・薬局・訪問看護ステーションなどで、診療や薬剤の支給を受けた際、保険診療が適用された医療費の自己負担の一部を助成します(令和3年4月より精神病床入院の助成再開。)。

一部自己負担額は1医療機関・薬局・訪問看護ステーションごとに、入・通院各1日あたり最大500円です。(月の日数上限なし)

※同一月にご負担いただいた一部自己負担額が3,000円を超えたときは、申請により超過分の払い戻しを受けることができます。

※ご加入の健康保険から「食事療養標準負担額減額認定証」または「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受けている方のうち、以下の要件を満たす方については、別途制度により入院時の食事療養にかかる自己負担(標準負担額)も助成の対象となります。ただし、平成30年10月31日時点で入院時食事療養費の助成対象であった方は令和3年10月末までは引き続き助成の対象となります。

・身体障がい者手帳をお持ちの障がい程度1級・2級の方
・療育手帳をお持ちの障がい程度A(重度)の知的障がい者(児)の方
・身体障がい者手帳をお持ちの方で、療育手帳の障がい程度がB1(中度)の知的障がい者(児)の方                 

【対象】
 大阪市内にお住まいの、国民健康保険や社会保険(協会けんぽや健康保険組合など)又は後期高齢者医療制度に加入している方で、次のいずれかに該当する方。ただし、所得制限があります。
・身体障がい者手帳をお持ちの障がい程度1級・2級の方
・療育手帳をお持ちの障がい程度A(重度)の知的障がい者(児)の方
・身体障がい者手帳をお持ちの方で、療育手帳の障がい程度がB1(中度)の知的障がい者(児)の方
・精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの障がい程度1級の方
・難病法の助成対象者及び特定疾患医療受給者のうち、障がい年金1級(9号)相当の方または特別児童扶養手当1級(9号)相当の児童

△詳細はリンク先の『重度障がい者医療費の助成』を参照してください。

【問合せ先】
◆お住まいの区の保健福祉センター医療助成業務担当
電話、Fax等はリンク先の『区役所・保健福祉センター開設時間・所在地・電話番号』を参照してください。
または、
◆福祉局保険年金課(医療助成)
電話:06-6208-7971 Fax:06-6202-4156

属性情報

   行政区分 : 福祉 > 障がい者 


アンケートにご協力ください!
このページはお役に立ちましたか?