キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.新聞やアルミ缶などの持ち去りをする人がいます。どのような対応をしていますか?

A.ご回答内容

持ち去り行為について、環境局ホームページでの注意・啓発記事の掲載や、再生資源事業者団体への注意喚起、また、資源集団回収(町会や子ども会などの住民団体が古紙や古布などの資源をボランティアで回収する活動)における持ち去り対策チラシの活用(環境局ホームページにチラシのダウンロードファイルを掲載)などの対策を行っています。
他都市では条例や要綱を制定し、持ち去りを規制している事例もありますが、それらの多くはごみステーションや指定袋による収集を行っているところで、資源化物の所有権を当該市町村に帰属させることにより規制を行っているものです。

しかしながら、大阪市では市民サービスの観点からごみを各戸の玄関先の道路上に出していただく収集形態であり、指定袋を導入していないことから、資源化物の所有権が本市にあると言いがたいため、条例等を制定することは困難な状況です。
また、大阪府警とも協議を行っているところですが、現行の収集形態では所有権等の課題があり、持ち去り行為を刑事事件として扱うことが難しく対応策に苦慮しているところです。
今後も引き続き、他都市の対応や動向などを参考にしながら検討してまいります。

資源の持ち去りはおやめください

属性情報

   行政区分 : ごみ・清掃・リサイクル > その他 


アンケートにご協力ください!
このページはお役に立ちましたか?