キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.市税の納付にはどのような方法がありますか?

A.ご回答内容

以下の納付場所・納付方法による納付が可能です。

(1)銀行等
全国のみずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、ゆうちょ銀行、郵便局
上記以外の金融機関では、大阪府下のほとんどの店舗で納付ができます。(取り扱う店舗には「大阪市公金収納取扱金融機関」の表示があります。)
※ただし、ゆうちょ銀行及び郵便局について、市・府民税(特別徴収)の納入書、法人市民税・事業所税・市たばこ税・入湯税の納付書や手書き納付書は、近畿2府4県(大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県)でのみ納付できます。なお、近畿2府4県以外のゆうちょ銀行及び郵便局で新しく特別徴収税額を納入されたい場合は、事前に手続きが必要となりますので、大阪市船場法人市税事務所個人市民税(特別徴収)担当へご連絡ください。(電話:06-4705-2932)

(2)「Pay-easy(ペイジー)」による納付
Pay-easy(ペイジー)マークが印刷されている納付書等を使用して、ATMやインターネットバンキング(モバイルバンキング含む)から納付ができます。

《ご注意》
 ●インターネットバンキング(モバイルバンキングを含む)の利用可能時間であれば、金融機関の窓口営業時間外や土曜日・日曜日・休日でも納付できますが、マルチペイメントネットワークのシステムメンテナンスのため、利用できない場合があります。
 ●振込手数料は必要ありません。
※ただし、ATMでの時間外納付の場合など一部の利用に対して、時間外手数料等が必要となる場合があります。詳しくは各金融機関へお問い合わせください。
△詳しくは、『大阪市の電子納付』のページをご覧ください。

(3)市役所、区役所庁内の銀行派出所、市税事務所

(4)コンビニエンスストア
納付書裏面に記載しているコンビニエンスストア店舗により納付できます。(一部店舗除く)

《ご注意》
以下の場合は、コンビニエンスストアでの納付はできません。
 ●納付書1枚あたりの合計金額が30万円を超える場合
 ●「コンビニ収納用バーコード」の読み取りが出来ない場合
△詳しくは、『コンビニエンスストアで納付ができますか』のページをご覧ください。

(5)クレジットカードによる納付
「コンビニ収納用バーコード」が印刷された納付書を使って、スマートフォン・タブレット端末から大阪市税クレジットカード納付サイトを通じてクレジットカードによる納付ができます。

《ご注意》
 ●納付書1枚あたりの合計金額が30万円を超える場合はクレジットカードによる納付はできません。
 ●納付金額が5,000円を超える場合は、納付金額に応じてシステム利用料がかかります。
 ●市税事務所やコンビニエンスストア等の窓口でのクレジットカードによる納付(窓口払い)はできません。
 ●納期(納付書)ごとのお手続となりますので、口座振替のように、一度の手続で以後の納期分を引落しするものではありません。
△詳しくは、『市税クレジットカード納付のご案内』のページをご覧ください。

(6)PayPay請求書払い
スマートフォンにインストールしたPayPayアプリから、納付書に印字されている「コンビニ収納用バーコード」を読み取ることで納付するサービス「PayPay請求書払い」を利用して、いつでも市税の納付ができます。

《ご注意》
 ●納付書1枚あたりの合計金額が30万円を超える場合は、PayPay請求書払いでの納付ができません。
 ●PayPay請求書払いのご利用には、事前にPayPayアプリ内から利用登録を行い、チャージすることが必要です。
 ●パソコン・フィーチャーフォン(ガラケー)からPayPay請求書払いによる納付はできません。
△詳しくは、『PayPayによる市税等の納付のご案内』のページをご覧ください。

(7)LINE Pay 請求書支払い
コミュニケーションアプリ「LINE」上で展開する「LINE Pay 請求書支払い(スマホのおサイフサービス)」を利用して、スマートフォン・タブレット端末から納付書に印字されている「コンビニ収納用バーコード」を読み取ることで、いつでも市税の納付ができます。

《ご注意》
 ●納付書1枚あたりの合計金額が30万円を超える場合は、LINE Pay 請求書支払いでの納付ができません。
 ●LINE Pay請求書支払いのご利用には、事前にLINEアプリ内から利用登録を行い、チャージすることが必要です。
 ●タブレット・パソコン・フィーチャーフォン(ガラケー)からLINE Pay 請求書支払いによる納付はできません。
△詳しくは、『LINE Pay 請求書支払いによる市税等の納付のご案内』のページをご覧ください。

(8)au PAY(請求書支払い)
スマートフォンにインストールしたau PAYアプリから、納付書に印字されている「コンビニ収納用バーコード」を読み取ることで納付するサービス「au PAY(請求書支払い)」を利用して、いつでも市税の納付ができます。

《ご注意》
 ●納付書1枚あたりの合計金額が25万円を超える場合は、au PAYでの納付ができません。
 ●au Payのご利用には、事前にau PAYアプリ内から利用登録を行い、チャージすることが必要です。
 ●パソコン・フィーチャーフォン(ガラケー)からau PAYによる納付はできません。
△詳しくは、『au PAYによる市税等の納付のご案内』のページをご覧ください。

(9)ゆうちょPay
スマートフォンにインストールしたゆうちょPayアプリから、納付書に印字されている「コンビニ収納用バーコード」を読み取ることで、ゆうちょ銀行口座よりいつでも市税の納付ができます。

《ご注意》
 ●納付書1枚あたりの合計金額が30万円を超える場合は、ゆうちょPayでの納付ができません。
 ●ゆうちょPayのご利用には、事前にゆうちょ銀行の個人口座開設及び初期設定が必要です。
 ●パソコン・フィーチャーフォン(ガラケー)からゆうちょPayによる納付はできません。
△詳しくは、『ゆうちょPay(銀行Pay)による市税等の納付のご案内』のページをご覧ください。

(10)楽天銀行アプリ
スマートフォンにインストールした楽天銀行アプリから、納付書に印字されている「コンビニ収納用バーコード」を読み取ることで、楽天銀行の口座から納付するサービス「楽天銀行コンビニ支払サービス(アプリで払込票支払)」を利用して、いつでも市税の納付ができます。

《ご注意》
 ●納付書1枚あたりの合計金額が30万円を超える場合は、楽天銀行アプリでの納付ができません。
 ●楽天銀行アプリのご利用には、事前に楽天銀行の個人口座開設及び初期設定が必要です。
 ●パソコン・フィーチャーフォン(ガラケー)から楽天銀行アプリによる納付はできません。
△詳しくは、『楽天銀行アプリによる市税等の納付のご案内』のページをご覧ください。

(11)リアルタイム口座引落しサービス「PayB(ペイビー)」
スマートフォン・タブレット端末から納付書に印字されている「コンビニ収納用バーコード」を読み取ることで、アプリに登録した金融機関口座から金融機関でのお手続きなしで即時に引き落としをすることで市税の納付ができます。

《ご注意》
 ●納付書1枚あたりの合計金額が30万円を超える場合は、PayB(ペイビー)での納付ができません。
 ●PayB(ペイビー)のご利用には、事前に各金融機関の個人口座開設及び初期設定が必要です。
 ●パソコン・フィーチャーフォン(ガラケー)からPayB(ペイビー)による納付はできません。
△詳しくは、『リアルタイム口座引落しサービス「PayB(ペイビー)」による市税等の納付のご案内』のページをご覧ください。

【問合せ先】
◆船場法人市税事務所収納管理グループ
電話:06-4705-2931 Fax:06-4705-2905
または
◆財政局税務部収税課収納管理グループ
電話:06-6208-7783 Fax:06-6202-6953
市役所・市税事務所・区役所一覧

属性情報

   行政区分 : 税金 > 納税 


アンケートにご協力ください!
このページはお役に立ちましたか?